代表メッセージ


代表プロフィール

代表プロフィール

山本 佳紀

株式会社ウェルリソート 代表取締役
株式会社ライフリソート 代表取締役

  • 三重県四日市市出身、3児の父。
  • 四日市大学卒業。
  • 大手総合保険代理店に3年半勤務。
  • 法人100社、個人500人程の保険管理にて養った知識を得て、よりお客様に合った保険の提案をしていきたいと考え、独立して法人代理店を開業。
  • 2014年上期・下期、2015年上期と3期連続で保険会社よりプレミアムパートナーの受賞を受ける。
  • 2015年には質の高いサービスを提供する代理店として品質認定される。
代表プロフィール
  • 障がい者雇用の一環で、名古屋市に就労継続支援A型事業所の利用者のみで運営するリラクゼーションサロンを開業。当初の売上から1年で3倍に増やす。
  • 障がい者雇用の新しい形を創る為、地元三重県を基盤とした新たな就労継続支援A型事業所を設立。A型事業所としては三重県初の整体・リラクゼーション業務を行う。
  • 三重県から全国へ障がい者雇用の創出を広げる取組みを本格的に始める。
  • 活動に共感して頂いたラジオ局のfmGIGに出演を果たす。

あの日以来「障がい者施設」のイメージが、
私の中で180度変わりました

あの日以来「障がい者施設」のイメージが、私の中で180度変わりました

「障がい者施設」と聞いて、皆さんはどんなイメージをされますか?私の場合は、配線繋ぎやバリ取り、梱包などの内職を黙々と行っているイメージでした。
もちろんそういった施設も実際ありますし、それが悪いという訳ではありません。

ただ、そこで働いている人たちが、もしその仕事を好きでも得意でも無く、障がいがあるせいで仕方なしにやっているのだとしたら…それはとても悲しいことだと思ったんです。

あの日以来「障がい者施設」のイメージが、私の中で180度変わりました

ところが、そんな私のイメージが、ある日を境に180度変化しました。

そのA型事業所には、利用者(従業員)さんの笑顔と笑い声が溢れていました。楽しそうにパソコンをたたいたり、お皿に素敵な絵を描いたり、メッセナゴヤに自分たちのお店を出して売上を作ったり…。とにかく皆さんイキイキとしていて楽しそうなんです。自分たちらしい仕事の仕方で、やりたいことをやって、生活費もきちんと稼いでいる。本当にそんな感じでした。

「こんな世界があるんだ!」
私にとっては衝撃的な光景でした。

とは言え、こんな素晴らしい事業所は、全体から見れば一握りもありません。
そのため、
「自分もこんな施設を作りたい!」
「障がい者施設の現状を打破したい!」
そう思うようになったんです。

そんな想いを知ってか知らずか、出会いが出会いを呼び、資金面や行政での手続きなどで苦労はしたものの、晴れて地元四日市で障がい者就労継続支援A型事業所を開設するに至りました。